販売促進のためのツール

女性

特徴や流れについて

フライヤーとは、会社やサービスなどを印刷して販売促進を図るためのツールです。チラシのようなものとして使われることが多いですが、チラシとの違いは、ポスティングなどはせず、店舗などに置くような形のものが多いということです。また、使用する素材も、ぺらっとしたチラシとは違い、重厚感や高級感のあるものや手に取りやすい小さいサイズのものなどを使用し、お客さんが持ち帰りやすいもの、にするのも一般的です。フライヤー印刷を行う際には、業者に頼む方法が一般的です。ある程度の枚数を印刷しなくては意味がないので、自宅で作成するとなるとインク代や紙代がかかりますし、特殊な紙素材を使用する際は家庭用プリンターでは印刷出来ない場合もあるからです。フライヤー印刷業者に依頼する流れとして、まずは見積依頼を行います。デザインや想定しているサイズを伝えながら、見本と見積を出してもらいます。見積と仮デザインでOKになれば、依頼を行います。納期は枚数にもよりますが、2週間程度見ておくと良いでしょう。すべてのフライヤー印刷が完了したら、郵送で納品になり、その後支払という流れが一般的です。注意点として、使用する色が多い、デザインが複雑、となればなるほど、費用はあがるということを知っておきましょう。そのため、出来るだけ安くしたい場合は、シンプルなデザインにするのがおすすめです。フライヤー印刷を上手に使い、理想的な販売促進を行いましょう。

Copyright© 2019 人を集めるためにも活用できる便利なサービス All Rights Reserved.